あれは2008年のこと。ゆずの北川悠仁が『イノセント・ラヴ』というフジテレビの月9ドラマで、堀北真希と共に主演を務めていました。当時、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』や映画『ALWAYS 三丁目の夕日』での好演で、評価を上げていた堀北をメインに据えるのは分かります。
しかし、その相手役がなぜ悠仁? そう疑問に感じた人は多いのではないでしょうか。確かに、名は通っているし顔だってイケメンの部類。けれども、ドラマの主演の実績はゼロ。おまけにゆずが人気絶頂の時かと言えばそうでもない。イケメンだったら、他にもっと良い若手俳優がいたのではないかと思える、今考えても謎の配役でした。

北川悠仁が脇役として登場する、2本の連ドラ


北川にとって、この月9ドラマが連ドラ初主演を飾ったタイトルであったのは間違いないのですが、実は俳優デビュー作ではありません。90年代中ごろ、彼は数本の作品に端役として出演しているのです。
1本目が、1997年に放送されたテレビ朝日の『名探偵保健室のオバさん』。松雪泰子が主演をつとめ、仲間由紀恵、水川あさみ、藤木直人など、後の売れっ子俳優が多数出演した伝説の作品です。このドラマにおいて、北川は第5話に生徒会長役でゲスト出演しています。
2本目が、テレビ東京で放送された『エコエコアザラク』。こちらは、黒魔術を使う女子高生が主人公というオカルトチックな作品。ここでの北川は、しっかりと役名まで賜り、レギュラーとして出演。今と変わらない精悍な顔立ちでありながら、どこか垢抜けなさの残る初々しい演技を披露しています。確かにわずかではあるものの、俳優として活動していたようです。