bit

イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

世界の人口の約4分の1を占めるイスラム教徒。日本のインバウンド施策もあり、ムスリムの訪日客は増加傾向だ。イスラム教徒は豚肉を食べることが禁じられているが、こうした人々にも日本食を楽しんでもらおうと「ハラール餃子」が栃木県佐野市で提供されている。ハラールとは、イスラム語で「イスラム法で認められた」という意味だ。果たしてどんな餃子なのか? 現地を取材してきた。

ハラール餃子を食べるために、各地から佐野まで!


イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

関東ご当地ラーメンの一つである佐野ラーメンの看板が、この地域では数多く並んでいる。そんな中にある昭和23年創業の「日光軒」。こちらで、ムスリム向けの「ハラール餃子」を提供している。

通販もあり東京にも店舗があるが、日光軒の焼きたて餃子を求めて、東京から東武線特急や高速バスを使ってくる人も多い。こちらのお店の餃子は、3個で260円、5個で420円とお手頃価格である。

イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

メニューの右上には、「もしムスリム向けのメニューが必要であれば、スタッフにお声掛けください」との記載がある。

こちらはムスリム向けメニュー。
イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた


イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた

こちらがハラール餃子である。餃子は、ムスリムのために豚肉を餡に使っておらず、鶏肉と野菜が材料だ。タピオカ粉を使用したもっちりした皮。じゅわっと出てくる鶏肉の肉汁とザクザク感のある野菜のハーモニーが見事。キャベツや栃木産のニラなど野菜が入っていてあっさりといただける。


どうしてハラール餃子の提供を始めたのか? 日光軒代表取締役の五箇大也(ごかだいなり)さんにお話を伺った。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2016年5月13日のコネタ記事
「イスラム教徒向け「ハラール餃子」を食べに行ってきた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ハラール餃子が食べたければ、普通にインド・ネパール料理店で「モモ(=マトンやヤク肉の餃子)」を注文すればよいです。かなりメジャーな料理なので大抵の店にはあります。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース