90s

高校教師が大相撲の世界へ!「先生」の愛称で人気だった智ノ花

高校教師が大相撲の世界へ!「先生」の愛称で人気だった智ノ花
日本人力士が10年ぶりに優勝したことで盛り上がりを見せた今年の相撲界。現在、アマチュア相撲で活躍している力士たちは、大学卒業後すぐに角界入りするケースが多い。
しかし、アマチュア相撲で活躍しながらも角界入りしたのがかなり遅い力士もいた。それが智ノ花である。

27歳で角界入りを果たした智ノ花


智ノ花は日大相撲部時代、数々のタイトルを獲得。しかし「完全燃焼した」と語り、角界へは進まずに卒業後は山口県で高校の教師となった。高校教師になってからも相撲は続け、1989年にはアマチュア相撲で横綱になっている。

そんな智ノ花が角界入りを決意した理由は、後輩である舞の海の活躍を目の当たりにしてから。舞の海は力士としてはかなり小柄ながら、大型力士を技とスピードで翻弄し活躍していた。舞の海に触発された智ノ花は、27歳で既に妻子持ちにも関わらず角界入りを決意する。
27歳という年齢と既に妻子がいるということから、どの部屋も敬遠気味だったが、立浪部屋が名乗りを上げたことで入門。1992年の3月場所でデビューを果たした。

27歳で角界入りを果たした智ノ花


教師時代の教え子と変わらない年齢の兄弟子がいたり、大学時代の後輩が番付では上にいたりと、気苦労が絶えない中、入門から4場所で十両に昇進した智ノ花。
9場所目で幕内となり、11場所目で小結と元横綱輪島の記録を抜くスピード出世を果たす。

角界入りの経緯やこのスピード出世あり、智ノ花は一躍人気力士に。智ノ花の取り組み時には視聴率が上昇し、夕方のニュース番組で単独特集が組まれるほどであった。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年5月21日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース