bit

ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた

       

富山県高岡市は藤子・F・不二雄のふるさと


『ドラえもん』の作者である藤子・F・不二雄氏にちなんだスポットといえば、神奈川・川崎にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」が有名。だがもう1つ、富山県高岡市に「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」という、こちらもファンにはたまらない場所があるのをご存じだろうか?

川崎市は藤子F氏が大人になってからずっと住んでいた街。一方、高岡市は、子どもの頃に住んでいた街だ。藤子F氏は、「子どものころ、ぼくは“のび太”でした」という言葉を残しているが、おそらく高岡での少年時代のエピソードには、マンガのヒントになったことも多かったのだろう。


大人が楽しい「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」


「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」は2015年12月にオープン。先日、実際に行ってきた。
ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた
どこでもドアをくぐれば、藤子F氏の子ども時代にタイムスリップ (C)藤子プロ


場所は富山県高岡市の高岡市美術館2階にあり、落ち着いた雰囲気。鮮やかなピンクのどこでもドアをくぐると、藤子F氏の生い立ちを写真と言葉でつづった映像が流れる。

ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた
藤子F氏が手作りした幻燈機(今でいうプロジェクターのようなもの)を再現してある (C)藤子プロ

展示室はシックで大人なムード。ギャラリーには、14歳の時に描いたと思われる肉筆のまんが冊子『妖怪島』も展示されている。

ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた
『妖怪島』を全ページ読めるコーナー。全ページ読めるのは、ここだけだ (C)藤子プロ

このほか、東京へ向かったときに持っていたカバンやペンなどの愛用品や貴重なカラー原画などの展示も見ものだ。

ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた
高岡の風景が感じられる作品の展示も (C)藤子プロ

展示にはとくに派手な演出はないが、だからこそ藤子F少年の熱き思いと作品の素晴らしさが胸にダイレクトに迫ってくる。「まんが家になりたい」という夢を温め続けた高岡での少年時代。この街での創作活動は、藤子F氏の原点だったんだなあ、と改めて思う。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。