90s

ナショナリズムやスピリチュアルに傾倒した窪塚洋介 その原点は2001年の映画にあった!

ナショナリズムやスピリチュアルに傾倒した窪塚洋介 その原点は2001年の映画にあった!
何かとしがらみが多い芸能界において、独自の価値観でマイペースに突き進む窪塚洋介。
常人には理解しがたいキャラクターの窪塚だが、この“ぶっ飛びキャラ”となった背景にはある映画との出会いがあったのをご存知だろうか?

窪塚洋介にとっての2001年 持ってた価値観が根こそぎ覆された年


1995年に俳優デビューした窪塚は、2000年のTBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』でのぶっ飛んだカリスマ・ギャング役がハマり役となり、人気が沸騰。その勢いのまま迎えた翌01年は、連ドラでは『もう一度キス』で、映画では『GO』で初主演を果たし、さらに、翌年公開となる『Laundry』や『ピンポン』の撮影に追われるなど、大ブレイクの1年となった。

アイドル雑誌『JUNON』'02年2月号のインタビューでは、その1年を振り返り「変化がいっぱいあったというよりも、ひとつの大きな変化があった。それまで持ってた価値観が根こそぎ覆されたって感じですかね」と語っている窪塚。
それこそが、初主演作となった映画『GO』との出会い。この映画での役作りが、彼の人生観を大きく変えてしまったのである。

在日韓国人役を演じた窪塚洋介、ナショナリズムに目覚める!?


『GO』は'01年10月公開。主演の窪塚は「日本アカデミー賞最優秀主演男優賞」を史上最年少21歳で受賞したのを始め、あらゆる賞を獲得。ある意味、この時が俳優業のピークかも知れない。
内容は、在日韓国人の高校生が偏見や差別を乗り越えていく青春ラブ・ストーリー。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。