review

これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行

5月13日。誉田哲也著作のミステリが2冊同時に発売された。『硝子の太陽Noir』(中央公論新社)『硝子の太陽Rouge』(光文社)。両著は誉田哲也の代表作、〈ジウ〉シリーズと姫川玲子シリーズのコラボレーション小説である。

硝子の太陽Noirで主に取り扱うのは、謎の覆面集団によるめった刺し事件。警部補・東弘樹が「左翼の親玉」の取り調べをしていたころに起きた。東が情報交換をする「ネタ元」の一人の男が被害者となっている。
これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行

硝子の太陽Rougeでは一家惨殺事件が取り扱われる。被害者は単身赴任である父・隆一を除く地下アイドルで25歳の繭子、大学生の高志、母親の桃子。股間近くを発砲された死体がリビングに並べられた形で発見された。

ドラマ化されたことがある両シリーズ


これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行

ジウは2011年7月-9月にテレビ朝日系列にて放送されていた。主演は多部未華子と黒木メイサ。2人の女性刑事を主人公として巨悪組織「新世界秩序」と戦う物語。
これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行

姫川玲子シリーズは『ストロベリーナイト』というタイトル(同タイトルの小説も出ている)でフジテレビ系列にて2012年に放送された。竹内結子演じる女刑事・姫川玲子が菊田(演・西島秀俊)や葉山(演・小出恵介)とチームを組んで難事件を解決していく刑事ものである。

殺人を犯した人間の日常生活


『硝子の太陽R』では各章の冒頭で事件上の重要人物の視点で私生活や生い立ち、事件当時の様子が語られる。
殺人を犯した人間であっても、普段は食事や家族との会話を繰り返し、何かしらの楽しみ・目標を持って生活(楽しみにしているテレビ番組を毎回チェックするとか、ダイエットのためにジム通いするとか)している。人を殺したことに対しての後悔を、家族に悟られることはなく、最初のうちは警察に目星をつけられていることもない。警察に接触されるとき、真実が暴かれたとき、この人物はどのように豹変してしまうのか。

この記事の画像

「これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行」の画像1 「これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行」の画像2 「これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行」の画像3 「これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行」の画像4
「これは凄い。誉田哲也『硝子の太陽』〈ジウ〉シリーズ〈姫川玲子〉シリーズコラボで2冊同時刊行」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク