90s

新笑点司会・春風亭昇太も出演していた! 若手落語家による深夜番組「平成名物TVヨタロー」

新笑点司会・春風亭昇太も出演していた! 若手落語家による深夜番組「平成名物TVヨタロー」
ここのところ、大きく世間の関心を集めていた笑点新司会者は誰なのか問題。
大方の予想を裏切り、桂歌丸の後を継いで6代目司会者に就任したのは春風亭昇太であった。

遡ること25年。1990年代初頭、この昇太を含む期待の若手落語家を集め、落語ではなくコントや大喜利クイズなどをやらせるという実験的深夜番組があった。
「平成名物TVヨタロー」である。

若手落語家が番組の中心だった「平成名物TVヨタロー」


「平成名物TV」という冠をみて、おやっと思った方もいるであろうが、「ヨタロー」は、イカ天こと「平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国」の次の時間帯(より深い時間帯)に放送されていた。
夜中の3時とか3時30分のスタートだったので「イカ天」までは観た人もここまでは観ていなかったかもしれない。

司会は松尾貴史、早坂あきよ、そしてヨネスケ。番組の中心となったのは、関東の各党派から選ばれた3人1組の若手落語家たちである。
伝統ある落語協会から「落協エシャレッツ」、桂歌丸が現在の会長である落語芸術協会から「芸協ルネッサンス」、 円楽一門会から「円楽ヤングバンブーズ」、立川流から「立川ボーイズ」とそれぞれ名付けられた4組が、互いの党派のプライドをかけて争ったのがこの番組であった。

キレたヨネスケ、退出する騒動も


番組開始当初は、落語とは勝手の違うコントネタ作りに若手落語家メンバーは大いに苦戦。
審査を担当していたヨネスケがネタのあまりのひどさに「こんなものはテレビでオンエアしてはいけない。冗談じゃない」とキレて退出するといった騒ぎもあった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新笑点司会・春風亭昇太も出演していた! 若手落語家による深夜番組「平成名物TVヨタロー」」の みんなの反応 1
  • ジャングルマウンテン 通報

    とても懐かしく思いながら読んでました 周りにヨタロー視聴者がいなく 長年 気持ちも共有できずにモヤモヤしたまま生きてきました ヨタローはめちゃくちゃ面白い番組でした‼︎

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。