bit

『ガルム・ウォーズ』は押井守の実写で最高傑作

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談記事。押井守の映画『ガルム・ウォーズ』について語り合います。

押井守念願の『ガルム・ウォーズ』


『ガルム・ウォーズ』は押井守の実写で最高傑作
(C)I.G Films

飯田 『ガルム・ウォーズ』は、押井守の実写作品では普通の意味で最高傑作では。もちろん、偏愛したい作品は他にもあるし、あるいは、押井さんの実写は悲惨な出来、微妙なものもいっぱいあったせいで、評価の基準値が下がっているからかもしれないけれど……。

藤田 あ、高評価ですか。意外だ。ぼくも、後期押井(『イノセンス』以降)の最高傑作かと思っています。

飯田 『ガルム・ウォーズ』のあらすじは、異世界で戦争している部族のはぐれもの同士が「この世界ってどうなってんの?」という謎に迫っていき、神のような存在と戦う話。「世界の成り立ちを探る」というファンタジーの王道(+山田正紀?)。ただそれって昔の日本SFでくそほど描かれてきたテーマだし、お話は骨組みしかない。でも、プロットはどうでもいい。そこを云々する映画ではない。さらに言えば「何回死んでも器となる身体を入れ替えて戦いつづける存在」は『スカイクロラ』だし、犬・鳥(・魚)といえば押井作品の定番要素だし、黒髪おかっぱパッツン女は言うまでもない。出てくるネタはたいがい過去の押井作品で出てきた要素ばかりでそれほど新味はない。でも、いい。

藤田 『ガルム・ウォーズ』の経緯を簡単に説明すると、デジタルエンジンプロジェクトというのが1999年ごろにあって、凍結された『G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR』というプロジェクトがあったのですね。押井ファンなら知っている幻の企画で、まさか完成品を目にするとは信じられなかった。念願のその企画を、違う形でようやく完成させたのが、本作。『スカイ・クロラ』とか『アサルト・ガールズ』なども、『ガルム』が念頭にあって作っていたのかと思うと、全て腑に落ちました。

あわせて読みたい

  • 原作ファン評価アイアムアヒーロー

    原作ファン評価アイアムアヒーロー

  • もはや若者に岩井俊二を見ない?

    もはや若者に岩井俊二を見ない?

  • 自衛隊も標的 藤子・F・不二雄作品

    自衛隊も標的 藤子・F・不二雄作品

  • 映画「暗殺教室」ロケ地校舎へ行く

    映画「暗殺教室」ロケ地校舎へ行く

  • コネタの記事をもっと見る 2016年5月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース