90s

視聴率をカネで買う……日テレのプロデューサーが起こした「視聴率買収事件」

日本テレビの勢いが止まりません。5月22日、番組の司会を長年務めた桂歌丸のラスト出演となった『笑点』の平均視聴率が、関東地区で27.1%。それだけに留まらず、その後に放送された『ザ!鉄腕!DASH!』が20.3%、『世界の果てまでイッテQ!』が19.2%を記録。近年の視聴率不況など、どこ吹く風の、圧倒的高視聴率を1日のうちに3番組でマークしたのです。

そもそも、日テレの好調はこの日に限ったことではなく、約5年前から続いています。それは、全日・ゴールデン・プライム、全てで年間平均視聴率1位になったときに与えられる称号「三冠王」を、2011年から2015年にかけて連続達成していることからも明らか。
特に近年は、どの時間帯においても死角なしともいえる独走ぶりを発揮しており、他の民放各局を全く寄せ付けません。

そんな、今でこそ「民放の絶対王者」として君臨している日テレですが、2010年以前は長らくフジテレビに王座を明け渡していました。その不調の兆しが見え始めた2000年代前半。
「ライバル局から数字を取り返さなければ……」という、日テレ上層部の焦燥が、同局のあるプロデューサーをとんでもない行動に走らせます。結果、起こってしまったのが「視聴率買収事件」です。


全国6600台のモニターによって左右される視聴率


テレビ番組の良し悪しを決める、最も明確な指標・視聴率。たった1%が100万人の視聴者数に該当するとされ、その増減がスポンサーからの信頼、引いては局の浮沈に大きく関わってきます。調査を行っているのは、ビデオリサーチ社。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月5日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。