「ちょっといってきます」
手錠をかけられているのに微笑みながら連行される深山大翔(松本潤)。
「弁護士を逮捕するっていうことはそれ相応の覚悟をもってのことですよね」
いつもは穏やかな斑目所長(岸部一徳)も珍しくケンカ腰。
深山が殺人容疑で逮捕されてしまった「99.9−刑事専門弁護士−」8話。
松潤かえってきてくれえええ…「99.9−刑事専門弁護士−」8話
撮影秘話や現場レポートが読める番組ツイッターやFacebookも楽しい。

松潤が手錠にお縄…「99.9−刑事専門弁護士−」8話


弁護を依頼するとみせかけた鈴木(林泰文)が毒殺された裏には、深山が過去に弁護を担当した岩下亜沙子(夏菜)とその恋人、黒川陽介(綾部祐二)の計画的犯行に巻き込まれたのだった。

どこにいても周囲を取り込むのがうまい深山。
防犯カメラの映像を見せずに、すでにある証拠から自供を促そうとする東京地検・三浦検事(野間口徹)に対して、
「僕が供述してないことを勝手に作文しようとしてるんですか、ヒドイなぁ」
調書を正確にとらなければならない相手の弱点をついて、「ねえ?」と付き添いの警察官や事務官に同意を求めると反射的に頷く二人。
検事を揺さぶるようにして周囲を巻き込み、いつもどおり防犯カメラの再現がスタート。いつもどおり、しつこく何度も見た。
逮捕後、すぐに接見にやってきた佐田(香川照之)と立花(榮倉奈々)にも、ガラス越しから指示を出す。勾留中とはいえ、やることは一つ。

でも、佐田には指示を出すのに、立花の話を聞こうとしなかった深山。「僕の服を持って来て」というお願いに対して、新日本プロレスのジャージを持ってきたことがよほど気に入らなかったのか……。