いつもと顔つきが違う深山(松本潤)。穏やかな斑目所長(岸部一徳)も、「この裁判は絶対に勝たなければならないんだ」と熱くなった「99.9−刑事専門弁護士−」10話。父親のえん罪によって人生が一変した深山が、20年以上の時を経て大友検事正と対峙した。
松本潤が熱い「ある日突然僕はあなた達に父を奪われた」「99.9−刑事専門弁護士−」最終話
TBS系 日曜劇場「99.9 ー刑事専門弁護士ー」オリジナル・サウンドトラック Soundtrack

犯行を認めてしまった


「あの、僕やってません」
都内で起きた女性連続殺人の疑いで逮捕された石川陽一(KAT-TUN・中丸雄一)。死体が見つかった伊井山公園と巨千大橋からは、なぜか石川の血痕と毛髪が検出された。無罪を主張するも丸川検事(青木崇高)の取り調べで相当な圧力をかけられ、錯乱状態で犯行を認めてしまった。

「先生、身に覚えのないことで人はこんなに簡単に逮捕されてしまうものなんでしょうか」石川の父、啓太(平泉成)に問われると、深山は何も答えなかった。後に「法廷でも何がおこるかわからない」と言っていたから、無責任なことは言わない深山なりの気遣いか。

いつもより慎重に見えたのは


検証が習慣づいたチームプレーで、防犯カメラからアリバイは証明できたものの物的証拠については翻すほどの証拠や証言がない。
「事実をねじまげられることは十分にありえます」
「大事なのは事実なんです。このままだとひっくり返されますよ。何度も繰り返されてきたんだ……」
深山の読み通り、大友検事正の昇進もかかった検察は、犯行時刻の訴因変更のカードを切った。汚い手を使う検察に斑目所長が乗り込んだ。