review

松本潤と香川照之、緊迫の0.1%「99.9−刑事専門弁護士−」6話

       
「関係ない二つの事件がつながっちゃったんですよね」
5話の最後で、18年前におきた二つに共通することをみつけた深山(松本潤)。目撃証言や状況証拠を集め、佐田(香川照之)の足を固めた。
深山VS佐田、身内なのに容赦しない対決。
深山の先制攻撃に対してどう反撃するのか「99.9−刑事専門弁護士−」6話。
松本潤と香川照之、緊迫の0.1%「99.9−刑事専門弁護士−」6話
テラスハウスの“てっちゃん”こと菅谷哲也が真島役として出演。テニスサークルの名前が「TENNIS HOUSE」とシャレがきいてる。他にも毎度登場する芸人の演技も楽しい。
TBS系 日曜劇場「99.9 ー刑事専門弁護士ー」オリジナル・サウンドトラック

謝罪すること2回…佐田先生に異変「99.9−刑事専門弁護士−」6話


「モ、モ、モ、モナコは?」
「飛んだ!風と共に去りぬだ……」
検察時代に作った調書に不十分な点を指摘された佐田。納得がいかないのか、家族旅行をキャンセルしてオフィスに戻った。深山の攻撃が効いてる。

実は三枝(平田満)の目撃証言があまりにも鮮明で真実味に欠けていたので再度取り調べをするように伝えていたが、当時の主任検事・十条がなんらかの理由で行われなかったという。

「あなたがおかしいと思った証言をちゃんと検証していれば三枝さんはそこで逮捕されていたかもしれない。そして今になっても谷繁直樹さんは事件を起こさずに済んだ」
佐田の調書がきっかけでえん罪が起きたと深山。先制攻撃が続く。
「0.1%に埋もれた事実とやらを探すのが得意なんだろ?俺に文句があるんだったらな、新しい証拠をみつけてからここにきてください!」
過去のことを指摘され、キレ気味の佐田。でも、はじめて「0.1%」をあてにした。

深山に続いて班目所長(岸部一徳)もじりじりと追いつめる。
「真島は獄中で無実を訴えながら死んだ。君が検察を辞めずに事件にかかわっていたらどういう結果になっていただろうね…」

あわせて読みたい

香川照之のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

99.9−刑事専門弁護士−

99.9−刑事専門弁護士−

嵐の松本潤が主演をつとめるドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』のレビュー記事一覧。

2016年5月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。