review

日本てんかん協会から抗議を受けた筒井康隆断筆宣言。解除から20年『にぎやかな未来』新装版が凄い

筒井康隆の初期の掌篇小説(いわゆる「ショートショート」)集『にぎやかな未来』の新装版(角川文庫Kindle)が出た。
今回のカヴァーイラストは片岡忠彦。
日本てんかん協会から抗議を受けた筒井康隆断筆宣言。解除から20年『にぎやかな未来』新装版が凄い

前の版では、確か山藤章二が表紙を描いていた。その前の表紙は杉村篤だったか。

もともと『にぎやかな未来』は、1968年に三一書房から刊行されたのが親本で、そこには1960年以降に発表された48篇の掌篇小説(書き下ろし新作含む)が収録されていた。
ところで同年、筒井さんは南北社から『幻想の未来 アフリカの血』という作品集も出している。
こちらが1971年に『幻想の未来』として角川書店(のちのKADOKAWA)から文庫化されるとき、三一書房版『にぎやかな未来』から7篇が加えられた。
日本てんかん協会から抗議を受けた筒井康隆断筆宣言。解除から20年『にぎやかな未来』新装版が凄い

翌72年に『にぎやかな未来』として同じ角川書店から文庫化された現行の版は、その7篇を除いた残り41篇を収録する版ということになる。

デビュー作「お助け」


「お助け」(1960)は筒井康隆のデビュー作だ。
宇宙飛行士になるための訓練で加速実験を受けている男が、なぜか周囲の物事の動きを遅く感じはじめる。
じつは事態は逆で、日常生活における彼の動きがどんどん早くなっているだけなのだった。
彼の前で、周囲の人々やものの動きはどんどん遅くなり、やがて世界はほとんど止まってしまう……。

ひとつの着想でシュールな結末までぐいぐい押していく作風が、早くもここに見られる。
この作品は、家族で出した同人誌《NULL》の創刊号に掲載したもの。これが江戸川乱歩に認められ、商業誌に転載されたのが筒井さんのメジャーデビューだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。