90s

「体力の限界」千代の富士引退と若貴ブームの熱狂 90年代前半の大相撲

「体力の限界」千代の富士引退と若貴ブームの熱狂 90年代前半の大相撲
千代の富士
2016年、世は相撲ブーム。
本場所は連日満員御礼で、イケメンや個性派の力士たちに相撲女子たちの黄色い声援が飛び、ついこの間八百長問題で存亡の危機と言われていたのが嘘のような活況である。

666日連続の満員御礼 「若貴ブーム」時代の熱狂


しかし、そんな今の状況も90年代「若貴ブーム」の異常なほどの熱狂からすれば、まだまだ静かなもの。
2015年は合計90日の本場所期間中、86日が満員御礼だったが、若貴ブームのときは実に666日間連続で満員御礼が続いたのだから桁が違う。

この満員御礼記録が始まったのは1980年代最後の本場所である1989年11月場所。
このときの横綱は、「小さな大横綱」千代の富士、その弟弟子で現理事長の北勝海、そして大乃国という、全員が北海道出身の3横綱時代である。
1988年3月に初土俵を踏んだ貴花田(のちの貴乃花)はまだこの場所は十両に上がったばかり。その兄の若花田(のちの若乃花)は、弟に先を越されながらも、若貴の因縁のライバル曙とともに幕下上位で着々と関取の座を狙っていた。

上位陣を恐怖に陥れた安芸乃島


1990年に入り、千代の富士の力に若干の衰えが見られると、大関旭富士が夏、名古屋と二場所連続で優勝し横綱に昇進し4横綱体制に。
結果的に千代の富士最後の優勝となった1990年九州場所からは、貴花田、若花田、曙がそろって幕内で活躍するようになった。しかしこの頃、上位陣を恐怖に陥れていたのは何と言っても安芸乃島。若貴の兄弟子で当時の藤島部屋初の関取であった安芸乃島は、上位力士に滅法強く、この年だけで金星5つ殊勲賞3回の荒稼ぎをした(ちなみに引退までに金星16個、殊勲賞7回)。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年7月20日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース