review

「バケモノの子」は細田守から宮崎駿への復讐である

『バケモノの子』は宮崎駿への復讐だ!


ジブリを追われた男、細田守。
宮崎駿監督が前作『千と千尋の神隠し』で引退を宣言していたため、当時は東映アニメーションに在籍していた細田守さんが出向して『ハウルの動く城』の監督に抜擢。2001年12月、東宝から正式に「細田守監督作品」として発表されました。
ところが、わずか3ヶ月後に企画は突然ストップ。細田監督をはじめスタッフも解散され、すでに部分的に完成していたコンテや脚本もご破算になり、宮崎駿監督のもとでゼロから仕切り直し。
「宮崎駿の後継者」の一人に数えられる細田守監督ですが、他の候補者と一線を隠しているのは「ジブリという影」を背負っていること。「千と千尋」に大忙しのジブリから人を回してもらえず、一人ひとり説き伏せて集めたスタッフ。その仲間たちをドカーンと吹き飛ばされた心の闇は、直後に制作された劇場版ワンピース『オマツリ男爵と秘密の島』をドス黒く染め上げていました。
『バケモノの子』はその虚ろな胸の闇を埋めた映画……といえば本編のドラマとシンクロしてて美しいんですが、現実は非情である。さらなる闇が育まれているのではないか。
「バケモノの子」バップ

「宮崎駿の後継者」というか「ジブリみたいなアニメを作りたい!」と思っていた監督は山ほどいました。あえて名前は出しませんが、「ジブリみたいなアニメ」って劣化版ジブリにしかならないんですよね。宮崎駿ってこの世に一人しかいないから。
そんな砕け散っていった志願者をしり目に、細田監督は宮崎駿=ジブリアニメの「市場」を取りに行き、実際に成功しつつあるオンリーワン。あんたの心はいらない、「市場」だけの関係でいい……と割り切ったドライな人なんです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク