早速あそんでるポケモンGO。近所をうろうろしながら10匹、20匹、30匹とつかまえていって、だんだんゲームになれてきた。
「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた
カエルっぽいのとか魚っぽいのとかが、水ポケモンです

コダック、パウワウ、シェルダー、トサキント…「水タイプのポケモンが多いな」という感じがした。海水浴場まで10分の海沿いの場所に、今いる。もしかしたら、その地形が関係しているかもしれない。だとしたら、どれぐらい関係性があるのか?気になる。

ちょうど近所に「月見山」という名前の山がある。かつて天皇家の宮殿があった場所だし、名前も珍しいので兵庫県神戸市ではわりと有名な山だ。そして、初代ポケモンにも「おつきみやま」という場所がある。

ゲームの中の「おつきみやま」では、「ポケモンの化石」や「月の石」を入手したり、神秘的なイベントが起こる。ピッピというポケモンが1%ほどの低確率で出現するため長時間歩き回ることにもなり、多くのプレイヤーの記憶にも残っているであろう場所だ。

ポケモンの「おつきみやま」がある舞台は関東地方がモデルだけど、月見山という名前は日本には神戸にしかないので、「もしかしたらもしかするかも」と淡い期待で行ってみた。
「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた
山陽電鉄というローカル線の駅です

到着。戦争で宮殿は焼けてしまい、天皇陛下のご成婚記念で公園として作り替えられた「須磨離宮公園」の中に「月見山」はある。
「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた
「宮殿」というだけあって、すごい宮殿っぽいです

さっそく歩き回って捕まえることに。ちなみに、初代ポケモンの「おつきみやま」には、ズバット、イシツブテ、パラスなどが出現する。
「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた
ズバットが多いです

スバット、コイキング、ズバット…ここに来る途中にも見たポケモンがどんどん出現する。結構激しい山道、アスレチックコースなどが連続し、歩きスマホなど絶対にできない状況が続く。

この記事の画像

「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像1 「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像2 「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像3 「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像4
「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像5 「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像6 「「ポケモンGO」地名と出現ポケモンに関係はあるのか。月見山に行って検証してみた」の画像7