90s

大橋巨泉が心血を注いだ最後の番組『ギミア・ぶれいく』とは?

大橋巨泉が心血を注いだ最後の番組『ギミア・ぶれいく』とは?
大橋巨泉が亡くなった。「昭和のにおい」のする最後の大物司会者だった。
当初から50歳でのセミリタイアを考えていた巨泉。予定よりは数年遅くなったが、1989年にはゴルフの日本アマシニア出場を目指すなどの理由から、本当に芸能界をセミリタイアしている。
このとき、巨泉が司会を務める『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの人気レギュラー番組は軒並み降板してしまったが、そんな中で唯一出演を続けた番組がある。

それが、89年10月スタートのTBS系『ギミア・ぶれいく』だ。
大橋巨泉は番組の進行役兼スーパーバイザーといった位置付け。ビートたけし、石坂浩二、関口宏、森光子といった超大物たちが週替わりでプレゼンターを務め、バラエティ、ドキュメンタリー、アニメ、ドラマなど、硬軟入り混じった様々なジャンルが楽しめる番組だった。

バッドエンドが定番の大人のアニメ『笑ゥせぇるすまん』


番組の目玉となったのは異色の大人向けアニメ『笑ゥせぇるすまん』。
誰もが持つ「心のスキマ」を満たしてくれる謎の男、「喪黒福造」。しかし、関わったものは自身の心の弱さや止むにやまれぬ事情から、喪黒の忠告に背いてしまう。そこに待ち受ける悲劇的な結末……。
人間の愚かさが浮き彫りになる構成、刺激の強すぎるブラックジョークに、大人の階段を上った子供も多かったのではないだろうか?
ちなみに、原作者の藤子不二雄Aによると、主人公「喪黒福造」は『11PM』時代の巨泉がモデルだそう。ただし、あくまで見た目の話である。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。