bit

「シン・ゴジラ」は福島原発の比喩そのもの 責任取る側をきちんと描いた意義

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談。前編記事に続いて映画『シン・ゴジラ』について語り合います。ネタバレあり。

『シン・ゴジラ』はニュータイプの国策映画か?


「シン・ゴジラ」は福島原発の比喩そのもの 責任取る側をきちんと描いた意義
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

藤田 エヴァ直撃世代として、庵野監督作品として観た場合の感想も言いたいわけですが。同世代の前島賢氏は、庵野監督は自分に厳しいと言っていたのは面白かったです。旧エヴァ劇場版で「現実に帰れ」と言い、『シン・ゴジラ』で「仕事しろ」と言ってきたと……(笑)

飯田 庵野さんはTV版の『エヴァ』以降ずっと「オタクは現実に帰れ」「日本人は幼児化している」とか説教親父のテンプレみたいなことを言いつづけてますよ。今に始まったことじゃない。そしてそれがめっちゃ村上龍くさい点でもある。

藤田 ただ、震災後が反映されているとぼくが(勝手に)思った『ヱヴァQ』の終わりの絶望感と比較するなら、随分と立ち直ったなという感じがします。もう日本も世界も壊滅しちゃってるぐらいのノリだったじゃないですか、『Q』は、そこで虚脱状態で終わる。その「続き」として勝手に観たぼくは、日本が「壊滅する」手前で寸止めして、立て直すために異端児達や政治家、科学者、技術者、民間人たちが「がんばる」この映画では、ちょっと「前向きになったのかな?」とは感じますよね(エヴァの音楽が使われているので、連続性を見ても許されるでしょう)。

飯田 『Q』は『序』『破』からの流れでいったん落とさないとクライマックスにもっていけないからああなるのはしょうがない、作劇上の必然でしょう。単体で『シン・ゴジラ』と比べるべきものではないと僕は思います。まあ、『Q』のころの庵野さんが混乱していたことも間違いないけど……。

あわせて読みたい

  • ゴジラが蒲田駅に襲来する!?

    ゴジラが蒲田駅に襲来する!?

  • 勇ましい! 焼酎が入ったゴジラ

    勇ましい! 焼酎が入ったゴジラ

  • コネタの記事をもっと見る 2016年8月11日のコネタ記事
    「「シン・ゴジラ」は福島原発の比喩そのもの 責任取る側をきちんと描いた意義」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      思考停止している飯田w 理屈で反論できないネトウヨみたいだなw

      4
    • 匿名さん 通報

      ネトウヨとブサヨが根拠のない論争をしているだけの記事だな。 情報価値が一つもない。検索トップにこう言うゴミ情報が出てくるのはなんとかならないものか。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース