90s

ジャニーズ主演の「実写化ドラマ」を襲った悲劇とは!?

日本テレビ系土曜夜9時からの時間帯は、1969年秋から続く伝統のドラマ枠である。
ティーンエイジャー向けの作品が中心だが、初主演となるアイドルの起用や、過激な脚本や斬新な演出を仕掛けることも多い、意外な「冒険枠」なのだ。
特に90年代中期はその冒険ぶりがハンパなかった。しかし、冒険しすぎた結果、「封印作品」もいくつか生まれてしまっている。そして、なぜか「ジャニーズ主演+マガジン系マンガ原作」の組み合わせで、その悲劇がたびたび起こっているのであった……。

酒鬼薔薇事件の影響で再放送は不可能!『銀狼怪奇ファイル』


KinKi Kids堂本光一の連続ドラマ初主演作となる『銀狼怪奇ファイル』。正式名は『銀狼怪奇ファイル~二つの頭脳を持つ少年~』であり、二重人格の主人公を熱演し、高視聴率を獲得。近藤真彦の歌う主題歌『ミッドナイト・シャッフル』もスマッシュヒットとなった。
原作は『マガジンSPECIAL』に連載されていた『超頭脳シルバーウルフ』だが、主人公の設定や登場人物名の一部以外はほぼオリジナルに変更。円谷プロ往年の名作『怪奇大作戦』に通じる、科学犯罪による怪奇現象に挑むのが基本のストーリーラインだ。
ジャニーズ主演の「実写化ドラマ」を襲った悲劇とは!?

しかし、その「怪奇」方面に力を入れすぎたため、エロ・グロ・バイオレンスのオンパレード! 特に問題となったのが第1話「恐怖!首なしライダー出現!」。ドラマ冒頭のダイジェストから、何人もの犠牲者の生首が飛び交う異常事態。明らかにやりすぎである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク