リオ五輪において、個人、ダブルス、団体、それぞれに史上最高の活躍ぶりだった卓球とバドミントン。

ところで、女子卓球と女子バドミントンの試合を見るとき、どうも気になってしまうことがある。

それは、短パンタイプとスカートタイプがあるユニフォームで、どうやって選んでいるかということ。

五輪選手のユニフォームの選び方


例えば、バドミントンの場合はオレンジ、ブルーと高橋&松友ペアの決勝時などのホワイト、卓球の場合は、ブルー×紺系と赤×黒系があったが、卓球女子・福原愛選手のようにいつもスカートの印象がある選手と、バドミントン女子シングル・山口茜選手のようにいつも短パンイメージの選手とがいた。

五輪代表女子選手は、あらかじめ数種のユニフォームが用意されているなかで、その日の気分で選ぶのだろうか。
卓球王国』編集部の佐藤祐さんに聞いた。

「短パンとスコートの違いについてですが、これは完全に好みです。福原愛選手、伊藤美誠選手はスコート派、石川佳純選手は短パン派など、完全に好みで分かれていますね」

代表ウェアには両方が用意されており、自分で選ぶそうだが、
「中学や高校のチーム戦では全員統一が多く、ひとりだけスコートを履くという選手はいませんね。全員一括で購入するので、ひとりだけワガママは言えないでしょう」
とのこと。

ダブルスで髪形が同じなのはなぜ?


ところで、女子卓球とバドミントンの試合で、ビジュアル的にもう一つ気になったこと。