90s

フジテレビ全盛期を作った「河田町時代」を振り返る

フジテレビ全盛期を作った「河田町時代」を振り返る
お台場に移転したフジテレビ
フジテレビといえばお台場の観光名所だ。ずっとお台場にあるような気もするが、実は90年代は新宿区河田町にあった(最寄駅は曙橋)。
1997年にお台場の新社屋に移転したのだが、実はフジテレビが面白いことをやっていたのは、この河田町時代である。

面白い深夜番組を数多く制作した河田町時代


深夜番組に強く、「カノッサの屈辱」「とぶくすり」「カルトQ」「NIHGT HEAD」など数々の名作を生みだした。
「視聴率三冠」を達成するのは、お台場に移転してからだが、その土台を作っていたのは河田町のフジテレビ社屋時代というわけだ。

情報が飛び交うフジテレビの食堂


お台場社屋になってからは巨大ビルになり、セキュリティも強化されたが、河田町時代は今ほどセキュリティが厳しくなく、多くのマスコミが局内に出入りしていた。それこそ「打ち合わせ」という名目で、アポなしで売れっ子タレントのマネージャーを捕まえて出演交渉することも日常だった。
今のように携帯電話がない時代ゆえに、いつでもどこでも連絡を取ることはできない。だからマスコミも足を使ってマネージャーや番組スタッフと交渉。何度も足を運ぶことで、相手との距離を縮めることができたとも言える。

フジテレビの河田町時代、スタジオに近い食堂が、局スタッフ、タレント、マスコミが交流する拠点だった。打ち合わせ、取材の場になることはしょっちゅうであり、様々な情報が飛び交う場所でもあったのだ。

河田町時代の若いスタッフが黄金期を作る


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。