本日15日発売の『週間文春』において、歌舞伎役者の・中村橋之助の不倫疑惑が報じられた。しかしその他にも、多くの歌舞伎役者が様々なスキャンダルを起こしている。今回はその一部を紹介していこう。

中村勘三郎が原因? 宮沢りえの自殺未遂


1994年9月24日、京都市内のホテルで当時21歳の宮沢りえが、左手首を切っている状態で発見された。浴室には血のついたコップの破片もあり、当初から自殺未遂が疑われた。
りえが発見されたホテルに勘三郎も宿泊していたこと、事件直前まで飲んでいたこと(りえと勘三郎の親密な関係は以前から噂されていた)から、勘三郎との関係のもつれから自殺未遂に至ったのでは、と当時のマスコミは大騒ぎに。しかし後日会見に応じた勘三郎は、「(宮沢りえは)酒を飲んでお母さんと喧嘩して転んでけがをしただけ」と報道内容を否定している。

市川染五郎の隠し子騒動


1997年、松たか子の兄としても知られる市川染五郎に隠し子がいることが発覚した。当時の写真週刊誌によると、染五郎が18歳の時に交際していた6歳年上の元女優がそのお相手だという。
写真週刊誌のスクープを受けて会見を行った染五郎は、「子供がいることは事実。6年前に誕生した私の子どもです」と認めた上で、子供とは一度も会ったことはなく、これからも会うつもりがないとも語っている。

市川海老蔵のスキャンダル


海老蔵のスキャンダルといえば、例の「灰皿テキーラ事件」が印象的だが、2003年2月には元歌手の日置明子との間に隠し子がいることが発覚している。(当時は市川新之助として活動)