90s

意外と多い? 宇多田ヒカルの音楽以外の活動を振り返る

待望のニューアルバム発売を控えた宇多田ヒカルが、6年ぶりにCM出演することが決まり、話題になっている。
その新CMは「サントリー天然水」。宇多田は新しいイメージキャラクターに起用され、CMは今月25日より放送開始されるとのことだ。
CM映像はWebで先行公開されており、宇多田の元気な姿に歓喜するファンも多いだろう。CM音楽ももちろん宇多田ヒカル。映像に浮かぶ「#水の山行ってきた」などのフレーズは、そのハッシュタグ使いに、SNS社会の2016年らしさも感じさせる。

宇多田ヒカルのCM出演


宇多田ヒカルはこれまでにも、デビューから2000年代前半、Sony「Media & Battery RED HOTキャンペーン’99」、NTTドコモ「FOMA」、任天堂「ニンテンドーDS」と数々のCMに自ら出演している。
2001年〜2002年に放送されたNTTドコモの携帯電話のCMには、ガラケーもガラケー、小さくてパカパカと開閉される懐かしい形の電話機が登場し、テレビ電話をPRするため画面の中で宇多田ヒカルが満面の笑みを浮かべる。CM内で使用されている楽曲は、宇多田ヒカル「Letters」。

LINEなどの無料通話アプリを使ってスマートフォンでテレビ通話をするのが当たり前になってきた2016年現在、宇多田のこのCMを思い出すと、この15年ほどで携帯電話もかなりの進化を遂げたことを思い知らされる。
総じて宇多田ヒカルが出演しているCMは、コミカルな雰囲気があり、宇多田自身の素の姿が垣間見られるような印象のものが多かった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク