パンチパーマにサングラス、ヒョウ柄の派手な衣装で仁王立ち。ペンとアップルとパイナップルを「ウンッ」と合体する、謎のシンガーソングライターピコ太郎(千葉県出身)

8月25日に公開した「ペンパイナッポーアッポーペン」(以下PPAP)は再生回数4000万回を超え、今も拡散し続けている。この突然の大ヒットを前に、どうしても動向が気になるグループがいる。オリエンタルラジオ率いるRADIO FISHだ。
「PPAP」ピコ太郎急上昇に「PERFECT HUMAN」オリラジはどう対抗する
イラスト/小西りえこ

1ヶ月で爆発したピコ太郎


PPAPは公開後じわじわと人気が伸び、ジャスティン・ビーバーがツイートしたことで爆発的に拡散した。その中毒性の高さはBBCやCNNにも取り上げられたほど。10月7日にはPPAPを含む4曲を世界134カ国で配信し、YouTube Music Global Top 100(9月30日〜10月6日付)では日本人初のトップを獲得。YoutubeやTwitterで「PPAP」を検索すると、様々な言語でPPAPを踊る動画がヒットする。本物のペンやリンゴでPPAPを作る動画まで出ている。

このピコ太郎を「プロデュース」しているのが、ピコ太郎と瓜二つの古坂大魔王だ。かつて結成していたお笑いトリオ(のちにコンビ)である底ぬけAIR-LINEでは「あてぶり漫談」など音を使ったネタを披露していた。ピコ太郎の元になったのも、15年前の『爆笑オンエアバル 第1回チャンピオン大会』で披露した「テクノ体操」だという(ニッポン放送『土田晃之 日曜のへそ』(10月2日放送)より)。