本日17時、年に一度のプロ野球人生交差点、ドラフト会議が行われる。

創価大・田中正義を筆頭に、近年稀に見る豊作ドラフト、といわれている今年のドラフト会議。注目選手の情報は溢れているが、指名する側であるプロ12球団の課題と戦略はどうなっているのか? 本日行われるドラフト会議生中継(ニッポン放送)でも解説を務める野球ライター・菊地選手こと菊地高弘氏に、各球団の「ここに注目」を聞いた。
いよいよ本日。プロ野球ドラフト会議注目すべきはズバリここだ
菊地高弘(菊地選手):『野球部あるある』シリーズ著者。雑誌『野球太郎』をはじめ、さまざまな媒体で編集・執筆を担当。12球団指名OKとのこと

セ・リーグ編


───1年前の今頃は、「来年は田中正義に12球団競合も」と言われていましたが、高校、大学、社会人それぞれのカテゴリーで1位候補と呼ばれる選手がどんどん増えた印象があります。

菊地:とにかく今年は投手の駒が揃っています。そもそも、投手はどの球団であっても最優先で補強したいポジションです。優勝した広島、日本ハムにしても、枚数としてはもう1枚欲しかったところですし、今年10勝した投手が来年も勝てる保証はありませんから。

───その中で、各球団の編成・スカウトはどんな戦略をもって臨むのか、チーム状態や聞こえてくる声、オススメしたい選手などを教えてください。まずは、セ・リーグから。

《中日ドラゴンズ》
菊地:平田良介・大島洋平といった主力のFA移籍も噂されている中日ですが、逆にチームが変わるチャンスでもあるといえます。チームに活気をもたらすような選手を指名したいところです。

───オススメしたい選手はいますか?

菊地:たとえばですが、JX-ENEOSの内野手・糸原健斗。守備でも打撃でも球際に強く、ここぞ、という場面でしぶといバッティングができる選手です。決してドラフト上位候補ではありませんが、魂が技術を超えられる数少ない選手だと思います。