90s

映画『就職戦線異状なし』でバブル期のとんでもない就活を振り返る【キネマ懺悔】

映画『就職戦線異状なし』でバブル期のとんでもない就活を振り返る【キネマ懺悔】
「面接の1分間は、ツイッターの140字ようなもの」

現在公開中、就職活動中の大学生を描く映画『何者』を観て、これは面白いとかつまらないは置いといて「2016年の映画だな」と思った。佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生らの人気若手俳優が集結。主題歌は中田ヤスタカ 『NANIMONO (feat. 米津玄師)』で、物語の主人公は男同士のルームシェアで暮らし、登場人物たちは皆スマホがなければ死ぬレベルでツイッターに狂う日々。
一歩間違えばコントになってしまうボリュームで、これでもかと詰め込んだ「今」感。恐らく何十年後かに、2016年という時代を振り返る時に資料映像として取り上げられることだろう。そう、まるで同じ就活をテーマに25年前に作られた映画『就職戦線異状なし』のように。

1991年公開の『就職戦線異状なし』


『就職戦線異状なし』は1991年6月に公開された就職活動ムービーだ。バブル期の大学生たちの超売り手市場就活を描いた本作には織田裕二、仙道敦子、的場浩司、和久井映見、坂上忍といった当時のトレンディ俳優と呼ばれた若手の役者たちが集結(製作はもちろん人気絶頂のフジテレビ)。主題歌はブレイク直前の槇原敬之が歌う『どんなときも。』。このデジャブ感、強引に一言で言えば『就職戦線異状なし』は91年版『何者』である。

物語はいきなり就活生の合否を賭けた「就職杯レース」を開催する大学の日常から始まる。勝手にオッズを決め、「さあ、みなさん他人の人生で大金を手に入れようじゃありませんか!」と能天気に絶叫するマスコミ研究会の美女役には羽田美智子や鶴田真由。今なら色々な意味でアウトなんじゃ……なんて真っ当な突っ込みは野暮だろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。