90s

天才てれびくん内の実験的アニメ「恐竜惑星」を振り返る!

       
NHKの人気子ども番組「天才てれびくん」といえば、ウエンツ瑛士、生田斗真、大沢あかねなど、のちも活躍するスター子役タレントを輩出した番組としても有名。
現在も「Let’s天才てれびくん」として継続して放送中だが、初期の「天才てれびくん」の放送期間は、1993年4月から1999年4月という、90年代を駆け抜けた形になっている。

「てれび戦士」と呼ばれる子役タレントたちがさまざまなことに挑戦していくというのがメインだが、アニメ、音楽、ゲーム、クイズなど、多様なコンテンツによって構成されていた、充実の番組だった。
その中でも、番組開始当時、革新的だったアニメがある。それが、1993年度に放映された「恐竜惑星」というアニメ作品だ。

実験的だった「恐竜惑星」


これは、「天才てれびくん」の番組内で「バーチャル世界アニメシリーズ」と呼ばれた作品シリーズの第1作。当時のテレビ番組としては珍しく、実写とCGを併用したテレビアニメ作品であり、子どもたちを夢中にさせた。

トランシーバーを頭につけた「萌」というおさげの女の子と、どこかポケモンのようなかわいい恐竜の子どものキャラクター「レイ」という、90年代アニメらしい絵柄が印象的な作品だったが、その構成とストーリーなかなか革新的だったようだ。
ストーリーとしては、てれび戦士の山口美沙がバーチャルワールドに入って恐竜の世界へ行き、そこで「恐竜人類」たちの戦いに巻き込まれていくというもの。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「天才てれびくん内の実験的アニメ「恐竜惑星」を振り返る!」の みんなの反応 2
  • 未来中年クナン 通報

    1978年に「未来少年コナン」が放送されていることをお忘れなく!(一一)y-~~~

    0
  • yusuke 通報

    実験的だったのかぁ。子供の頃はただただ面白いと思って見てました。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月19日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。