以前、、たくあんを挟んだ衝撃のローカルパン「サラダパン」を紹介したが、さらに長い歴史を持つ正統派な「サラダパン」を長崎で発見した。
地元民が飲みの締めにも食べる長崎名物「サラダパン」とは

場所は長崎きっての歓楽街として知られる、「思案橋」入口。夜遅い時間帯だったこともあり、ネオンがあやしく煌めいていた……。
地元民が飲みの締めにも食べる長崎名物「サラダパン」とは

地元民が飲みの締めにも食べる長崎名物「サラダパン」とは

思案橋の入口に「ぱんのいえ」というパン屋さんがあり、「本家サラダパン」の看板に目がとまった。パンをトレイにのせている「コック坊や」のイラストがなんともかわいい……。「長崎名物サラダパン」と書かれた貼り紙もあり、猛プッシュしているようす。
地元民が飲みの締めにも食べる長崎名物「サラダパン」とは

入店してみたところ、 レトロなパッケージに包まれた「サラダパン」を発見! 紙製の袋に「コック坊や」がグリーンで印刷されている。「本家サラダパン」(180円)のほか、「たまご王子さま」(230円)の2種類があるようだ。

オーナーの森田さんにお話を伺ってみたところ、この場所には大正6年創業の「東洋軒」というパン屋さんが長らくあったのだが、残念ながら平成26年3月に閉店。しかし、長年愛されてきた味がなくなってしまうのは悲しすぎる……! という県民の声におされ、「ぱんのいえ」がそのレシピを引き継ぐことになったのだとか。看板に、「東洋軒直伝」とあったのはそのためだったのですね……。

滋賀の「つるやパン」は戦後の創業だったが、「東洋軒」はそれより早い大正時代。日本が鎖国していた江戸時代に唯一、世界との窓口だったのが長崎の出島。コーヒーがいち早く入ってきたのも長崎だし、おそらくパン食が広まるのも早かったのだろう。