2014年、関西芸能界のドンとして知られるやしきたかじんが亡くなった。東京嫌いのタレントとして有名だったたかじん。
たかじんの東京嫌いを決定づけたといわれるのが、1992年に発生した「味の素激昂事件」である。たかじんは当時42歳だった。

味の素激昂事件とは?


1992年、テレビ朝日は深夜の情報番組『M10』の司会者にたかじんを抜擢する。東京のスタジオで撮影される生放送番組だ。関西の人気司会者がついに全国ネットに進出ということで注目が集まっていた。
しかしたかじんは、ある日の料理コーナーで「味の素はどこやー!」と激しく怒り、セットを破壊してスタッフを殴り、生放送中に帰ってしまうという事件を起こす。世にいう「味の素激昂事件」である。

やしきたかじん、ド迫力の大暴れ


この日の放送では、たかじん特製こんにゃくステーキの調理方法を紹介していた。調理も中盤に差し掛かったころ、たかじんが「味の素はどこや?」とスタッフにたずねた。用意されているはずの味の素がなかったのだ。しかしスタッフは黙ったまま答えなかった。

たかじんはキッチンセットの前に出てきて、上に向かって怒鳴りはじめた。スタジオの2階部分にいる番組責任者に文句を言っているのだ。「おい。味の素は?」「せやから味の素わいや?」「あ・じ・の・も・と・は、どこじゃーッ!!!」
ここでたかじんはテレビ画面からフレームアウト。画面には無人のキッチンセットが映り、たかじんの絶叫だけが聞こえてくる状態となる。「なんやお前はコラーッ!」「なめとったらアカンど!」「味の素はどこじゃいやいやいやーッ!!」。さらにテレビのスピーカーからは、明らかに人を殴る「ボコッ」という音や「ガラガラーンッ」という鍋が床に叩きつけられる音声が響いてきた。