90s

「政府は何の役にも立たん!」と両さん激怒! 阪神・淡路大震災を描いた『こち亀』

「政府は何の役にも立たん!」と両さん激怒! 阪神・淡路大震災を描いた『こち亀』
「テレビ電話時代!?の巻」収録の単行本93巻
10月21日に発生した鳥取県中部地震は、最大震度6弱、1500戸以上の住居が破損するという大きな被害をもたらした。今年4月の熊本地震をはじめ、2011年の東日本大震災、2004年の新潟中越地震と、日本ではこのような大きな地震が頻発している。

90年代にも巨大地震が日本を襲っている。1995年に発生した阪神・淡路大震災は、死者6000人以上、10万戸以上の住戸が全壊するという未曾有の大災害だった。

阪神・淡路大震災はその後、ドラマ、小説、マンガなど、さまざまなフィクションの題材になったが、その中でもいち早く反応したのが先日40年の歴史に終止符を打った、秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』だった。

「地震の時はわしが必ず助けに来る」


その時代の流行やホビーを取り入れてきた『こち亀』だが、90年代までは世相そのものをネタにしたり、本筋と関係ない部分で両さんたちがコメントを入れたりすることが少なくなかった。

阪神・淡路大震災が発生した95年の『週刊少年ジャンプ』16号に掲載された「テレビ電話時代!?の巻」(単行本93巻)は、両さんが下町で一人暮らしをする老人の家をまわって地震対策をする場面から始まる。駄菓子屋のおばあさんに向かって言うセリフ、「地震の時はわしが必ず助けに来る 絶対来るから心配するな」がシンプルで頼もしい。

90年代の『こち亀』はドキュメンタリーコミックだった


両さんが派出所に戻ると、中川と麗子が被災地への支援物資を荷造りしている最中。派出所内に置かれた義援金の箱に両さんが札を入れて、麗子と中川に「えっまた!」「金に汚い先輩がこんなに…」と驚かれる場面もある。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「政府は何の役にも立たん!」と両さん激怒! 阪神・淡路大震災を描いた『こち亀』」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    村山の初動対応は8時間。下痢政権は二週間。村山有能。安倍無能

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月3日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。