review

準決勝はオールナイト。どうかしている大喜利異種格闘技戦「ダイナマイト関西2016」を更に追求

芸人も素人も1200人入り乱れて「おもろいやつ」を決めるガチ大喜利バトルダイナマイト関西2016。主催を務めるバッファロー吾郎のお二人へのインタビュー後編です。今回初めて行ったニコニコ生放送での配信や、「大喜利がうまくなりたい」という相談にも答えてもらいました。(前編はこちら)
準決勝はオールナイト。どうかしている大喜利異種格闘技戦「ダイナマイト関西2016」を更に追求
バッファロー吾郎
バッファロー吾郎A(左)、竹若元博(右)により1989年10月に結成。NSC8期生。2008年に『キングオブコント』初代王者となる。ダイナマイト関西ではバッファロー吾郎Aが「インタレスティングプロデューサー」として大会を統括。昨年、竹若は職人並のDIYで建てた自宅が話題となった。

ニコ生だと「空気」が伝わらない



──今回、ダイナマイト関西では初めてニコニコ生放送でプレ予選から決勝までを生配信しています。なぜニコ生での配信を決めたのでしょうか?

竹若元博(以下、竹若):6月のプレ予選から12月の決勝戦まで長期間に渡って大会があるので、これはすごいドラマだぞという気持ちがまずありまして。そのドラマを広く伝える術はないかとかなり検討したんです。オープントーナメントという形で開催したという意味もありますから、部分部分を切り取るのではなしに、全体を通じてお伝えしたいなと。その結果、一番実現できる形が最終的にニコ生だということになりました。

──ニコ生で初めて大喜利のライブを見たという人もいて、コメントでルールを教えあったりしていましたね。

竹若:視聴者のコメントで気付かされることも多かったですね。初めのころは出演者の名前を出してなかったので、「あれ誰々じゃない?」「えー違うやろ」とコメントされたりしたんです。答えに集中してもらいたかったので、名前をパッと出すようにしましたね。判定ミスもコメントで指摘されて初めて気がつくことがありました。やっぱり初めてのことだったので助けられた部分が多かったです。ただ……やってみるとダイナマイト関西とニコ生は、そこまでビシっとリンクするようなものではない気がするんですよ。

あわせて読みたい

  • 昇太は100年に1人の「笑点」司会者か

    昇太は100年に1人の「笑点」司会者か

  • 大喜利で子供と「死」について話す方法

    大喜利で子供と「死」について話す方法

  • 「生稲晃子の野猪の血抜き」が怖ろしい

    「生稲晃子の野猪の血抜き」が怖ろしい

  • 「ケータイ大喜利」10周年記念SPレポ

    「ケータイ大喜利」10周年記念SPレポ

  • レビューの記事をもっと見る 2016年11月7日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら