bit

エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!

       
年間2200億円も輸入するほどエビ好きな日本人。エビフライが好物という人も多いかと思う。が、ファミレスなどで食べるとそこそこお高いですよね……。エビフライ食べてぇぇ!! しかし、高ぇぇ! つくるの面倒くせぇぇ! という皆さんの心の叫びに応える(!?)こんな商品が発売していた。
エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!


エビの味を分析して練り物で再現


「ほぼカニ」「ほぼホタテ」に続く「ほぼ」シリーズの第三弾として、9月にカネテツデリカフーズ株式会社からリリースされた「ほぼエビフライ」である。なんといっても、エビをまったく使わずにエビの食感と風味を再現しているのが衝撃的! 甲殻アレルギーなどがある方にもおすすめだ。キュートなしっぽまでもが忠実に再現されている!! エビフライやエビ天の、しっぽまで食べる派という皆さんにも安心です(!?)。

カネテツに開発秘話などうかがってみたところ、「エビのそり具合、しっぽの形状の再現にはかなりの時間がかかりました。しっぽまでおいしく食べられる幸せを感じていただきたいという思いを込め、エビフライ全体を再現しています」とのこと。
エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!
ちなみに、左が2014年3月発売の「ほぼカニ」、右が2015年3月発売の「ほぼホタテ」

エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!
タルタルソースをかけ、生野菜を添えた盛りつけ例

前2作が好評だったことから、ほぼシリーズの第三弾を望む声が大きく、練り物市場が縮小するなか、よりおもしろくて「人に話したくなるような」商品を……ということで開発をすすめていたという。
「これまでの“ほぼ”シリーズは素材のご提供でしたが、『ほぼエビフライ』は新しい試みであるメニューのご提供です。本来なら調理に手間がかかるエビフライを、気軽に楽しんでいただければ……というところから企画しました。伊勢エビをはじめとしたエビの理化学分析を行い、細かく分類された成分の数値を近づけていくことでエビの味をそっくりに再現しています。さまざまな種類のエビの繊維の太さや弾力などを研究し、食感にもこだわりました」とのことでビックリ!

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!」の みんなの反応 2
  • やすこ 通報

    食べたい食べたい‼️

    6
  • 匿名さん 通報

    本物に比べてプリン体が少ないのかな? 「プリン体○%OFF」とかなら痛風予備軍の中高年には嬉しい!

    6
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。