90s

究極のガチンコ映画『ろくでなしBLUES』を検証する【キネマ懺悔】

究極のガチンコ映画『ろくでなしBLUES』を検証する【キネマ懺悔】
『溺れるナイフ』『ちはやふる』『アイアムアヒーロー』……2016年も多くの漫画原作映画が公開された。元々固定ファンがついている漫画作品なら映画企画も通りやすい。反面、熱狂的なファンからは「原作の良さを壊すな」なんてディスられやすい。
というわけで、近年の漫画実写化の特徴はビジュアルの再現度の高さだ。そのほとんどは原作ファンが見ても違和感なく映像の世界に入り込めるよう、気を遣って丁寧にキャラが作り込まれている。

実写化された『ろくでなしBLUES』


だが、20年前のあの映画は違った。1996年に公開された『ろくでなしBLUES』である。ご存知、90年代の週刊少年ジャンプ黄金期を支え、コミック累計6000万部突破した森田まさのりの名作。吉祥寺の帝拳高校に通うプロボクサー志望の前田太尊と仲間たちを描いた不良漫画の金字塔だ。

90年代の男子中高生なら、知らないものはいないと言っても過言ではない超有名漫画が映画化。しかもヒロインの七瀬知秋役には、当時19歳の死ぬほど可愛い小沢真珠。誰もがその完成を待ち望んだが、実際に公開されたのはとんでもない怪作だった。

凄まじい「ダサさ」だったビジュアル


まず主人公の前田太尊役には、人気キックボクサーの前田憲作。なんだけど、68年生まれの前田は映画製作時はすでにアラサー男である。キックの天才が実年齢より10歳若い高校生役を演じて、学ランを着るという企画そのものにかなり無理があった気もするが、それ以上にファンの度肝を抜いたのが、前田のライバル役で登場する渋谷・楽翠学園の鬼塚グループの圧倒的な格好悪さである。

あわせて読みたい

  • 公開25周年記念『ぼくらの七日間戦争2』をあえてガチで観る【キネマ懺悔】

    公開25周年記念『ぼくらの七日間戦争2』をあえてガチで観る【キネマ懺悔】

  • 歴史的失敗作『北京原人』今観ると面白い説を検証する【キネマ懺悔】

    歴史的失敗作『北京原人』今観ると面白い説を検証する【キネマ懺悔】

  • 売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

    売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

  • 「シン・ゴジラ」の原点! 庵野秀明、初の実写映画監督作品『ラブ&ポップ』【キネマ懺悔】

    「シン・ゴジラ」の原点! 庵野秀明、初の実写映画監督作品『ラブ&ポップ』【キネマ懺悔】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年11月11日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。