90s

バナナマンも…人気全盛期の「ボキャブラ」に出演しなかった芸人たち

バナナマンも…人気全盛期の「ボキャブラ」に出演しなかった芸人たち
バナナマンも出演せず(※写真はイメージです)
いまから約20年前、1996年10月にはじまった『タモリの超ボキャブラ天国』(フジテレビ系)は、社会現象となる“ボキャブラブーム”を引き起こす。
この番組に出演していた芸人たちは「キャブラー」と呼ばれ、高い人気を獲得。営業のギャラはうなぎのぼりとなり、ライブ終了後はサインを求める若い女性たちに囲まれるといった、“我が世の春”を謳歌していた。

ただすべての若手芸人が「ボキャブラ」に出ていたわけではない。「ボキャブラ」に出なかった若手芸人たちと、それぞれの事情をふりかえってみたい。

「ボキャブラ」に出演しなかったバナナマン


「ボキャブラ」へ出ないと自ら決めた芸人としては、バナナマンがよく知られている。
当時、芸歴2~3年目の彼らは、テレビに出ず、ライブで笑いを追求する道を選んだ。バナナマンは作り込んだコントに定評がある職人芸的なコンビであり、その実力は『キングオブコント2016』(TBS系)でそろって審査員を務めたことからもわかる。

それでも90年代のバナナマンのライブの客は、テレビに出ているキャブラー目当ての若い女性ばかりであり、彼らの笑いが理解されることはなかったようだ。

「ボキャブラ」に出演しなかった芸人たち


1992年にコンビを結成し、頭角を現していたアンバランスも、途中から「ボキャブラ」出演を取りやめた。
のちに出演した『芸人報道』(日本テレビ系)で本人たちが語ったところによれば、「ボキャブラ」と同時期にラジオの中継コーナーのレギュラーが決定。「ボキャブラ」はたまに出られる程度だったため、確実なレギュラーであるラジオ中継を選んだ。だが、そのコーナーは一社提供のお天気コーナーであり、ボケる要素がまったくなく、力を発揮できなかったという。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「バナナマンも…人気全盛期の「ボキャブラ」に出演しなかった芸人たち」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ボキャブラ芸人で生き残っているのは爆笑問題くらいか?  土田晃之の「U-turn」も、古坂大魔王の「底ぬけAIR-LINE」も解散しているしね。

    0
  • 匿名さん 通報

    海砂利水魚(くりぃむしちゅー) 出川とか山崎邦正とかも出てたし、アンジャッシュも少し出てた 男同志(江頭)とかは解散しちゃったけど

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。