90s

中田英寿以上の才能も… 一度も日本代表に選ばれず引退した財前宣之

スタジアムに詰めかけたサポーターは7600人。試合終了後のインタビューに集まった報道陣はなんと100人超。彼らのお目当ては、まだ15歳の少年。FC東京所属の久保建英です。
2011年にバルセロナの下部組織に入団。以来、日本サッカー界の未来を担う神童として注目されていた彼が、11月5日の長野戦で、Jリーグ史上最年少出場記録を更新するとあって、観衆とマスコミが大挙して押し寄せたのです。

気の早いファンの中には「カタールW杯(2022年)の頃には中心選手になっているはず」と期待する声もあります。が、しかし。将来を嘱望されていたものの、残念ながら大成しなかった選手など山ほど存在する事実を忘れてはなりません。今回、紹介する財前宣之もその一人です。

中田英寿「上手すぎて近寄り難かった」


今から遡ること23年前の1993年。U-17・日本代表において、財前宣之はチームの"王様"でした。
「初めにザイに認められるか否かで、代表における立場が決まった」と語ったのは、当時のチームメイトだった故・松田直樹。同じくU-17の同僚だった中田英寿も「上手すぎて近寄り難かった」と発言していることからも、その技量の高さ他を圧倒するものだったのでしょう。

こんな逸話があります。当時のコーチ・小見幸雄氏は、全国から入れ替わり立ち代わりやってくる15歳程度の選手に用いる、ある画期的な指導法を考案しました。財前に手本を示させるのです。その様子を、中田や松田は体育座りして真剣に観ていたといいます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク