90s

映画『われに撃つ用意あり』で「松田優作が憧れた男・原田芳雄」を振り返る【キネマ懺悔】

映画『われに撃つ用意あり』で「松田優作が憧れた男・原田芳雄」を振り返る【キネマ懺悔】
『われに撃つ用意あり』
ハードボイルド。

真夜中にひとり呟いてみると、残念ながら軽く死語だ。
少なくともここ10年、メディアで「ハードボイルド」なんて単語をほとんど聞いた記憶がない。すでに「アバンギャルド」と同レベルで昭和臭がある。しかし70年代、いや80年代前半あたりまでは邦画にもハードボイルド映画というジャンルがメインストリームにあった。

その代表格が、故・松田優作の一連の作品だろう。先日もWOWOWで『最も危険な遊戯』『殺人遊戯』等の代表作が一挙放送。40年近く前の映画が2016年になっても観られ続ける、いまだ人気健在の遊戯シリーズ。そして、この松田優作が若かりし頃に死にたいくらいに憧れた俳優が、故・原田芳雄だった。

松田優作が真似た原田芳雄


松田優作と同時代に人気を二分していた萩原健一は、自著『ショーケン』の中でこう書いている。自宅にやってきた優作がやたらと原田芳雄はもうダメだと言う。だけど「あの憎まれ口は、憧れの裏返しだったんだろう。デビューしたてのころは、ヘアスタイル、レイバンのサングラス、しゃべり方にジーンズの上下というファッションまで、優作はとにかく原田さんの真似ばかりしていた」と。

そんな原田芳雄が90年代にバリバリのハードボイルド映画に主演したのが、今回取り上げる『われに撃つ用意あり READY TO SHOOT』である。
佐々木譲の小説「真夜中の遠い彼方」をあのピンク映画界の天才・若松孝二監督が好き勝手に映像化。そして、出演は当時50歳の原田芳雄、桃井かおり、故・蟹江敬三という濃すぎる面々。なにせDVDパッケージには銃を構える原田芳雄と「国際都市SHINJUKUが戦場になる!」というなんだかヤバそうな煽りコピー。この作品をバブル真っ只中の90年11月に公開する、流行なんて知らんがな感には心から拍手を送りたい。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画『われに撃つ用意あり』で「松田優作が憧れた男・原田芳雄」を振り返る【キネマ懺悔】」の みんなの反応 4
  • かららちゃん 通報

    松田優作さんのあのスタイルはオリジナルだとばかり思っていましたが、原田芳雄を真似、消化して作り上げていったとは驚きましたよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    優作は他にもショーケンをパクっていた 「祭りの準備」の原田と「約束」のショーケンは本当にすごかったんだよ

    2
  • eikom 通報

    松田優作さんって、亡くなられてからずいぶん経つのに、いまでも忘れられないよい俳優さんですよねー。原田芳雄さんに憧れていたとは。

    1
  • 匿名さん 通報

    中年期ある時焦燥感になり 何気なく読んだこの記事の内容が ガツンと響く。 多分誰しも似た気持ちになるのかな

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。