smadan

セーラームーンがおしおきすべきは、性教育に反対する政治家ではないか?【勝部元気のウェブ時評】

セーラームーンがおしおきすべきは、性教育に反対する政治家ではないか?【勝部元気のウェブ時評】
厚生労働省ウェブサイトより

厚生労働省が美少女戦士セーラームーンを起用し、「検査しないとおしおきよ!!」というキャッチフレーズを用いた性感染症検査の啓発ポスターが、インターネット上で炎上しています。

様々な批判があがっていますが、このポスターの問題点は大きく2つあると思います。それは(1)対象を女性に限定しているように見え、、(2)「おしおき」というフレーズを使って女性を責め立てるようなものにしたことです。

男性の方が梅毒の感染者数は多い


女性に親しみのあるセーラームーンを啓発ポスターに起用したのは、近年感染者数が増加傾向にある梅毒で、男性よりも女性のほうが、増加率が高いからという理由のようです。ただし、絶対数としては女性の感染者が763人に対して、男性は1,934人と、3倍近くにのぼっています(国立感染症研究所「感染症発生動向調査」より)。絶対数が多い集団のほうが、より多くの人に感染させるリスクが高いわけですから、これ以上の流行を食い止めるために仮にどちらかの性を優先的に進めるのであれば、明らかに男性でしょう。

また、「パートナーが検査してくれない」という悩みを持つ人は、肌感覚ですが、圧倒的に女性のほうが多いと感じています。つまり、男性が検査に行かない。さらに、性感染症の啓発を行っている多くの団体は女性が多数派です。このような状況を鑑みると、性感染症に対する意識は男性のほうが低いように思います。やはり啓発が必要なのは男性のほうでしょう。

あわせて読みたい

  • 【実体験】LINEで男性からプロポーズされました 

    【実体験】LINEで男性からプロポーズされました 

  • スマダンの記事をもっと見る 2016年11月30日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    勝部元気のウェブ時評

    勝部元気のウェブ時評

    コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース