「保育園落ちた日本死ね」は流行語大賞にふさわしい【勝部元気のウェブ時評】

「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに「保育園落ちた日本死ね」が入ったことが、世間で大きな波紋を広げているようです。

12月5日に放送された「白熱ライブ・ビビット」(TBS)のアンケートでは、賛成23%、反対77%と、反対が4分の3の多数を占める結果だったとのこと。ネット上でも、タレントのつるの剛士氏が自身のTwitterに「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」と書き込み、反対を表明していました。反対の人は主に以下3つの論拠から反対を表明しているようです。

(1)ブログの言葉遣い自体に反対している人
(2)「死ね」という言葉を流行語として選ぶことに反対している人
(3)国会議員が流行語大賞の受賞式に笑顔で出席したことに批判的な人

ただし、私は、この受賞は当然だと思います。むしろ外すほうがおかしいでしょう。今回はその理由を、上記3つに対して反論する形で論証していきたいと思います。

(1-1)結果が全てです


確かに「日本死ね」は汚い言葉かもしれません。私も基本的にそのような言葉は一切使わない人間です。ゲームでゲームオーバーした際に「死んじゃったー!」と言うのにも抵抗感を覚えるくらいです。

でもこの受賞は素直に嬉しいです。というのも、死ねと言いながら誰も死なせずに待機児童問題が一向に進まず"死にそうになっている日本社会"に多少の希望を与えたのですから。もちろん待機児童問題は依然未解決ですが、解決に向けてエンジンがかかったことは事実です。