およそ10年前に性的暴行容疑で書類送検され(後に示談成立、不起訴処分)、所属していた吉本興業との契約を解除されていたお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱氏の復帰が発表されて、物議を醸しています。当面は劇場を中心に活動を行うと報じられているものの、いずれテレビに出演する可能性もありそうです。

今年7月放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!夏休みスペシャル」に出演し、地上波復帰をした際も批判が起こっていましたが、性的暴行を行ったとされる人物が地上波テレビに復帰することは、それ自体がセカンドレイプに該当する可能性もあり、かなり問題があると言わざるを得ません。

性暴力を起こした者のテレビ出演は原則的にNGに


もちろん加害者の社会復帰は絶対に不可欠なことではあり、それが蔑ろにされてはいけませんが、被害者のセカンドレイプ防止の観点も加味すれば、基本的に社会復帰は被害者が目にしない環境で行われるべきでしょう。

被害者と山本氏は同じ環境下にある人間ではないですが、地上波テレビに出演している人々というのは、普通に生活をしていれば否応なしに目にすることがあります。そのような地上波の特異性を考えれば、「性暴力を起こした者の出演は原則的にNG」とすることが必要不可欠です。

「反省しているからもう良いのでは?」「10年も経ったのだからそろそろ許してあげても良いのでは?」のように擁護する声もあるようですが、あくまでセカンドレイプ防止の観点から問題なのであって、本人が反省しているかいないや、許すとか許さないとかそういう問題ではありません。そもそも被害者を置き去りにして、加害者が反省しているとか、第三者が許すとか、そういう話をしていること自体が被害者を傷付けるセカンドレイプです。