bit

カウンター席のある店は「女性一人でも入りやすい」は本当か?

カウンター席のある店は「女性一人でも入りやすい」は本当か?

今や、女性の一人ごはんは当たり前になった。一人ラーメン、一人イタリアン、一人焼き肉、一人しゃぶしゃぶまで、ジャンルは問わない。しかし、相変わらず「女一人だと入りづらい」と感じる店はある。
どこか一人でも入れるとこないかなと探していると、よく見かけるのが「カウンター席があるので女性一人でも入りやすい店です」という、うたい文句だ。実際のところ、カウンター席があるだけで、入りやすいのだろうか。日頃から一人ランチを楽しむ女性2人に聞いてみた。

女性が一人ランチに使いやすい店


カウンター席のある店は「女性一人でも入りやすい」は本当か?

カウンター席とは、キッチンと客席との間にある横長のテーブル席のこと。仕切りの役割も果たす。一人で行こうが、連れと行こうが、他客とは横並びになるため、一人でも気兼ねなく飲食できるのが特徴だ。キッチンの調理人とちょうど相対することから、ちょっと気恥ずかしい反面、調理する姿も見られるレア感が楽しめるのもメリットといえる。

とくにカウンター席がメインになっている店は、一人客でも気軽に入れるとよくいわれる。実際、店の紹介文でもよく見かけるが、果たしてこれは本当なのだろうか? 実際、一人ランチを頻繁に行っているランチ通の女性2人に聞いてみた。

「カウンター席があると1人でも入りやすいのは確かです。カウンターといってもお寿司屋さんのようなオープンキッチンのカウンターよりも、大きな柱や壁向かいのカウンターや、10人掛けくらいの大きなテーブルで相席のようなカウンターがベターです。また、カウンターでなくても、テーブルが小さめな2人掛け席の多いお店はよく行きます。例えば、壁側が全てソファーで小さいテーブルが1つずつ並んでいるようなレイアウトです。このようなレイアウトのあるお店には、実際、女性のお一人様が多い印象ですね」(高宮さん)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク