「クリスマスの約束」(TBS系列 12/23深夜24時35分〜)は、毎年クリスマス付近に放送される小田和正のライフワークになりつつある良質な音楽番組。
ここ数年はゲストを軸に、ゲストを引き立てる方向で丁寧な音楽を聴かせてくれる。
冒頭「夜空ノムコウ」を弾き語りで聴かせたのち、さっそく最初のゲストを紹介する小田。

「18年前、鮮烈 なデビューをかざると同時にスーパースターになりました、宇多田ヒカルさんです」
15年前から宇多田ヒカルを待っていた小田和正「クリスマスの約束」に音楽の奇跡をみた

小田による紹介と同時に、「え───!?」という、驚きと喜びの混ざった悲鳴で沸き立つ観客席。
誰が来るのかを知らされていなかった観客に囲まれる形のステージに、申し訳なさそうにあがる宇多田。舞い上がる観客に「とにかく宇多田ヒカルさんです」と改めて念押しの紹介をする小田。

「出てくるだけで『すごーい』って言ってもらえるってすごい(笑)」

と照れる宇多田。思いがけず宇多田ヒカルを生で聴けることになるとは……嬉しいドッキリだ。
宇多田の出演を振り返り、「贈り物」と言っていた。小田にとって、それほど特別なものだったのだろう。

全組の出演が叶わなかった


15年前、はじめての「クリスマスの約束」で、小田は、宇多田を含む7組の有名歌手に、強い想いを込めた直筆の手紙を送っている。
自身の選んだ彼らの曲を一緒に歌って(演奏して)くれないだろうか?と。
しかし、宇多田を含む7組全組の出演が叶わなかった。結局、小田が一人で全曲を歌うという形で「約束」の歴史は幕を開けた。

この記事の画像

「15年前から宇多田ヒカルを待っていた小田和正「クリスマスの約束」に音楽の奇跡をみた」の画像1 「15年前から宇多田ヒカルを待っていた小田和正「クリスマスの約束」に音楽の奇跡をみた」の画像2 「15年前から宇多田ヒカルを待っていた小田和正「クリスマスの約束」に音楽の奇跡をみた」の画像3