smadan

平愛梨「関白宣言が理想」発言が物議、妻への呪いと搾取が蔓延るこの国を憂う【勝部元気のウェブ時評】

平愛梨「関白宣言が理想」発言が物議、妻への呪いと搾取が蔓延るこの国を憂う【勝部元気のウェブ時評】
平愛梨公式ブログよりキャプチャ

女優の平愛梨氏が、伊インテル所属のサッカー選手・長友佑都氏との結婚記者会見で、「『関白宣言』という曲を毎日聞いています」「あのような心の強い、耐え忍ぶ女性になりたい」と発言し、ネット上では物議を醸しています。

関白宣言の歌詞と言えば、語り手の男性はとにかく上から目線で、妻をまるで奴隷扱いしようとするものです。明らかに男尊女卑であり、女性差別であり、DVであり、モラハラであり、パートナーへ向けた歌とは全く思えません。まさに典型的な古き悪しき文化を歌った曲です。

にもかかわらず、私(33歳)とほぼ同い年の方でここまでのめり込み、かつそれを何の躊躇も無く公言してしまう著名人がいることに、大変驚愕すると同時に鬱屈した気分になってしまいました。同じように感じた人も少なくないはずです。

なぜ、娘をモノのように扱えるのか?


また、平氏が耐え忍ぶ女性になりたいと言ったことに対して長友氏は、「我慢はしなくて良い」というようなフォローをするどころか、「完全に、彼女は(中略)もう、なっています。本当に、こんな素晴らしい女性が、この世に存在するんだ、という思いが僕はありまして。言うことがないです、もう」と手放しで賞賛しているのです。

近年、日本のサッカー選手でヨーロッパのチームで活躍する人は増加傾向にあって、それ自体は本当に喜ばしいことだと思いますが、残念ながら家族観の先進性は全くヨーロッパに追いついていないようです。

さらに、平氏の両親が「どうか返品、交換なきように温かく包んでくれるようよろしくお願いします」と、西野カナ氏のヒット曲『トリセツ』の歌詞をもじったような発言をしたことにも驚愕しました。娘をモノのように扱うことを平気で言えてしまう感覚が信じられません。平氏が関白宣言を好むのも、おそらくこのような両親の影響を直に受けてしまったのでしょう。

あわせて読みたい

  • 職場が独身社員の婚活に口出し、内閣府の婚活支援案は若者無視の悪政だ【勝部元気のウェブ時評】

    職場が独身社員の婚活に口出し、内閣府の婚活支援案は若者無視の悪政だ【勝部元気のウェブ時評】

  • 「保育園落ちた日本死ね」は流行語大賞にふさわしい【勝部元気のウェブ時評】

    「保育園落ちた日本死ね」は流行語大賞にふさわしい【勝部元気のウェブ時評】

  • セーラームーンがおしおきすべきは、性教育に反対する政治家ではないか?【勝部元気のウェブ時評】

    セーラームーンがおしおきすべきは、性教育に反対する政治家ではないか?【勝部元気のウェブ時評】

  • 極楽山本の吉本復帰はセカンドレイプではないか?【勝部元気のウェブ時評】

    極楽山本の吉本復帰はセカンドレイプではないか?【勝部元気のウェブ時評】

  • スマダンの記事をもっと見る 2016年12月28日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    勝部元気のウェブ時評

    勝部元気のウェブ時評

    コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース