review

恋愛ドラマの可能性を拓いた「逃げ恥」「セカムズ」…2016年のドラマを振り返ってみた

恋愛ドラマの可能性を拓いた「逃げ恥」「セカムズ」…2016年のドラマを振り返ってみた
恋(通常版) 星野源  「逃げ恥」主題歌 ビクターエンタテインメント
2016年10月、テレビの総合視聴率(リアルタイム視聴率と、録画などのタイムシフト視聴率を合わせたもの)が発表されることになったため、ドラマの価値基準にも変化が。昨今、20%を超えるドラマは少なくなったが、総合にすると、20%どころか30%超えのドラマも登場した(「逃げるは恥だが役に立つ」(「逃げ恥」)や「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」など)。この視聴率測定方法の変化がドラマ業界では2016年の最も大きな出来事であり、これによって17年以降、ドラマが確実に活性化していくと思われるが、ここではこの1年間のドラマの注目点をあげたい。

月9がピンチ
1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)は平均視聴率9.71%、4月期「ラヴソング」8.54%、7月期「好きな人がいること」8.9%、10月期「カインとアベル」8.23%とすべて10%切ってしまった。
そのわけのひとつに、恋愛ドラマが世間から興味を持たれなくなっているのではないかと言われていたが、「いつ恋」の村瀬健プロデューサーは当たっている恋愛映画の興収と月9の恋愛ドラマの視聴率はそれほど変わらないと言っていた。
皮肉にも、年の暮れ、月9が「カインとアベル」で恋愛よりもビジネスの世界での兄弟の確執を描いていたとき、TBSの「逃げ恥」という恋愛ドラマが大ヒット。しかもこのドラマで注目された恋愛下手な者たちの「契約結婚」は、15年1月期月9「デート〜恋とはどんなものかしら〜」で挑んだテーマでもあった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「恋愛ドラマの可能性を拓いた「逃げ恥」「セカムズ」…2016年のドラマを振り返ってみた」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    今回のこの記事は読みやすくて、偏ってない良い記事だと思います。ありがとうございます。

    5
  • 匿名さん 通報

    逃げ恥は久しぶりにツボにはまったドラマでした。ジャニーズに頼らなくても,いいドラマが作れるってことですね。

    3
  • 匿名さん 通報

    逃げ恥はほんとよかった このドラマのDVDだけはなんとしても買いたい

    1
この記事にコメントする

「月9 + ドラマ」のおすすめ記事

「月9 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月30日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 月9 ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。