なぜ井戸田は安達祐実との結婚に至ったのだろうか。そもそも二人の交際が始まったきっかけは、安達の弟が企画者の一人となった合コンだった。安達の弟はお笑い好きで、もともと、若手芸人たちと交流があったという。そんな安心感もあったのか、安達もこの食事会に参加した。
アプローチは井戸田からだったようだ。当時安達はまだ黒田との関係が続いていたが、順調ではなかったようで、井戸田は友達として相談に乗るようになったといわれている。

安達と黒田の関係が破局となった後も、井戸田はデートのたびに花束を持ってくるなど、ベタなアプローチで安達との距離を徐々に縮めていったのこと。そんな熱意にほだされたのか、安達の心は次第に井戸田に傾き、最終的にはプロポーズを承諾したようだ。

安達の母親は少々おかんむり?


結婚会見が開かれたのは、そうした過程を経てのことだった。安達は会見で「結婚すべき人と出会うと自然に結婚したいと思うことがわかった」等と語り、幸せぶりを披露した。「できちゃった婚」であることも明らかになった。このとき、すでに妊娠2カ月だったという。

この騒動で、安達の周囲には、にわかに波紋が広がる。とくに影響が大きかったのは安達の所属事務所。稼ぎ頭のひとりでもある安達へのドラマ主演のオファーやCMの起用などが立ち消えとなったことが大きかった。
ステージママとして知る人ぞ知る、安達の母親・長谷川有里も心中穏やかではなかったようだ。