review

コンピューターの方が強い時代の将棋はどうなる『永遠の一手』

2016年の将棋界は、コンピューター将棋が話題の中心となった。2017年の将棋界も、コンピューター将棋が世間をゆるがすことになるかもしれない。

そんな情勢を予見した作品がある。1月6日発売の、「永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む」(上下巻)だ。原作は「栄光なき天才たち」の伊藤智義。作画は「ショー☆バン」の松島幸太朗。週刊少年チャンピオンの2016年28号から40号まで連載された(その後、特別編が同年50号、51号に掲載された)。
コンピューターの方が強い時代の将棋はどうなる『永遠の一手』
『永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む(上)』(秋田書店 原作:伊藤智義 漫画:松島幸太朗)
名人がコンピューターに敗れる「将棋界が崩壊した日」から始まった、「人+ソフト」の新時代の将棋を描く

将棋界が崩壊した日


物語は2020年「将棋界崩壊の日」から始まる。
年間無敗でタイトルを総なめにした、史上最強と称される羽内名人がコンピューターソフト「彗星」と対局。敗れてしまう。失意の名人は引退し、失踪。

棋士達は強くなるためにコンピューターの支援が不可欠となる。と同時に人間では理解できない手をソフトが指すようになり、解説がで成立しなくなって、権威墜。人気が急落。タイトル戦が全て廃止されてしまう。

ピンチに陥った将棋連盟は、いくつかのコンピューター棋戦ルールを定める。「コンピュータ同士の対局は禁止」「将棋ソフトが契約を結べるプロ棋士は1名とすること」「プロ棋士は支援を受けている将棋ソフトを明示すること」などだ。

つまり、棋士とソフト会社のチーム戦に移行したのだ。自動車レースでいうと、棋士がドライバーとなり、ソフト会社がメカニックを担当し、チームで最高位「名人」を目指すというもの。「人vsソフト」の時代から、「人+ソフト」の時代へと大改革を行ったのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コンピューターの方が強い時代の将棋はどうなる『永遠の一手』」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自動運転と同じ事が言えるんだろうな。

    2
この記事にコメントする

「連載 + 漫画」のおすすめ記事

「連載 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月6日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連載 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。