90s

『やべっちFC』で突然の生告白! 矢部浩之もドン引きした一部始終

『やべっちFC』で突然の生告白! 矢部浩之もドン引きした一部始終
※写真はイメージです
サッカー日本代表の試合中継において度々ネタとして話題に上がる、解説者・松木安太郎。その熱すぎる解説(応援?)の数々は、さながらシリアスなドラマに登場するコメディ俳優の演技ように、ささやかな笑いを私たち視聴者へ提供してくれます。

「レッドカード3枚くらい必要だ、これ!」
「PK!PK!PK PKだろ!」
「長谷部が2人いる」「パクチソンが4人いる」

実際、こうした名言が言い放たれたとき、繁華街のスポーツバーなどでは、笑いが沸き起こります。静かに試合展開を追いたい人には邪魔かも知れませんが、やはり、彼の解説を求めている人は一定数いると思っていいでしょう。

そんな松木さんと長らく実況×解説のタッグを組んでいたのが、テレビ朝日の角澤照治アナウンサー。1993年にテレビ朝日へ入社。今年度で入社24年目を迎えている、御年45歳のベテランです。
そんな彼は今から数年前、『やべっちFC』の生放送中に後輩の前田有紀アナへ告白するという、前代未聞の行動に出て周囲を唖然とさせたことがあります。

テレ朝スポーツ実況のエース的存在だった角澤アナ


角澤アナが、同局のサッカー中継において、もっとも活躍していた時期は、2000年代前半から後半にかけて。2002年日韓W杯、2006年ドイツW杯といった、国民的行事ともいうべき重要な試合を託されるという、テレ朝スポーツ実況のエース的存在でした。
しかし、そのスキルには疑問を投げかける声が多かったのも事実。90分間ひたすら繰り返される、常套句の列挙、選手名の誤認、そして、絶叫による状況説明の放棄……。その定型的実況スタイルは「Kakuzawa XP」とネット界隈で称され、「穴だらけのOS」「バグ多すぎ」などと叩かれていたものです。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。