90s

ギネス記録も! 独自の道を進むKinKi Kidsの音楽

2016年のNHK紅白歌合戦では、最後まで期待されながらもSMAPの声を聴くことはなかった。その代わりというわけではないだろうが、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneといったジャニーズ事務所のアイドルたちが盛り上げあうという、ひと味違う紅白になった。
そんな中、デビューから20周年となりながらも、昨年ようやく紅白初出場を果たしたユニットKinKi Kidsは、ジャニーズグループの中でも独自の存在感を放ち、実は音楽アーティストとしてはギネス記録を持っているエピソードもあるというのは、意外と知られていないのではないだろうか。

ギネス認定されたKinKi Kidsの音楽


偶然にも同じ名字の関西出身だった二人、堂本光一と堂本剛が組んだユニットKinKi Kidsは1994年12月31日武道館でファーストライブをおこなうと、1997年にデビューシングル「硝子の少年」を発表。このデビューシングルは178万枚の売り上げを記録して、オリコン初登場1位を獲得、ミリオンセラーを達成する。
そしてなんとこのデビューシングルから全てが初登場1位を記録しているのだというから驚くべき記録だ。

2002年には「デビューから13曲連続オリコンチャート1位」という記録でギネス認定(ギネス・ワールド・レコーズ2002 掲載)された。
これはギネスブックの音楽部門として、日本人としてはじめて名を連ねた快挙だった。またこの同記録は、2005年、2008年、2016年と現在に至るまで37作連続1位という記録でKinKi Kidsによってたびたび更新されている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク