90s

ゲン担ぎで何もそこまで……福男選びレースで起きた妨害事件とは?

まだ暗い真冬の明け方。5秒前から刻まれるカウントダウン、そして開門。解き放たれた参拝者たちは、一心不乱、神社の参道を駆けていく……。

一体この光景、何度ニュース映像で目にしたことでしょうか。もはや、新年の風物詩と化している、兵庫県・西宮神社の“福男選びレース”。毎年1月10日午前6時の開門と共に、本殿への参拝一番乗りを目指して、参拝者が健脚を競うこの恒例行事ですが、今年は約5千人が集結したそうです。
凄いのはこれ、今年の1月10日は平日だったということ。にも関わらず、これだけの人が日本中から集まって、わずか全長約230メートルの参道を走るためだけに、寒空の下で何時間も待機しているのです。

13年前に起きた"妨害事件"


このように、今でこそ全国区のイベントとなっている“福男選びレース”ですが、もともと90年代頃までは、ほんのローカルな催し物の一つに過ぎませんでした。
知名度が急上昇した一因となったのは、今から13年前。自分たちの仲間を優勝させるため、組織的に他の参加者の進行を妨害するという出来事が、大々的にマスコミで報じられたことにより、不本意ながらも世間にその存在を知られるようになったのです。

優勝者の仲間が他の参加者をブロック


2004年1月10日。この日も例年通り、福男選びレースが実施されました。優勝となる一番福を獲得したのは、とある消防署の署員。いつもの平和な新年の風景……で終わるはずだったのですが、問題はここから。当時報じられたニュース映像の中に、スタートの際、前列で駆け出そうとする参加者の進行を複数名が力づくでブロックしているシーンが、鮮明に映っていたのです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク