review

「山田孝之のカンヌ映画祭」2話が日本映画を斬りまくってて騒然

山田孝之、カンヌ映画祭でパルムドールになるために、映画を撮る!
……という体で撮られている、ドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』。
1話では猟奇殺人犯エド・ケンパー役に芦田愛菜(撮影時・小学生)を引っ張ってくる、というものすごい出落ちっぷりだった。
本当にこれで、撮り進めるつもりなの?
「山田孝之のカンヌ映画祭」2話が日本映画を斬りまくってて騒然
山田孝之たち3人、日本映画大学に勉強に行くの巻

カンヌは不親切な映画が好き


今回はかなりドキュメンタリー寄りの作りになっている。
山田孝之、山下敦弘、芦田愛菜の3人は、カンヌ国際映画祭を知るために、いろいろな人の話を聞いてまわる。

中でもパンチがあったのが、日本映画大学学部長であり、パルム・ドール受賞をした『うなぎ』の脚本家、天願大介の話だ。
山田孝之が撮りたいのは、「いい映画」ではなく「カンヌで賞を取る映画」。
天願は言う。
「一般論で言うと、ハリウッドが嫌いなんですよ、カンヌの人たちは」「不親切に作るってことですよ」

作家の中にあるものを整理して、わかりやすく説明して出すと、それはサービス・エンタテイメント。
「誰かに向けて作ろう」と整理しないことで、作家の中にある、整理されていない思想の原液が出て来る、カンヌはそれを求めている、という考え方だ。

邦画について、彼は「大喜利が好き」だと言う。
映画のみならず、日本全体の傾向の話だ。
「みんなが同じことを知っていて、同じ経験をしてい、同じ価値観を共有しているから、小さな価値観が楽しい」
体力の亡くなった年寄りの遊び。フィジカルが弱い」

あわせて読みたい

  • 何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

    何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

  • 「信長協奏曲」はなりすましの物語

    「信長協奏曲」はなりすましの物語

  • 映画「ウシジマくん」の半端ないリアル

    映画「ウシジマくん」の半端ないリアル

  • 「はなちゃんのみそ汁」にモヤモヤ

    「はなちゃんのみそ汁」にモヤモヤ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2017年1月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース