今ではiPhoneにSiriが搭載され、SNSやゲームも進化してAIもメジャーになり、人間並みの「会話」をできるコンピューターが当たり前になってきている。
しかし、90年代には人の言葉に反応し、返事をしてコミュニケーションできるという機能は画期的だった。そんな機能で人気を集めた育成シュミレーションゲーム「シーマン~禁断のペット~」を「飼った」ことがある人もいるのではないだろうか。

ゲーム界に衝撃を与えた「シーマン」


「シーマン」は、1999年にドリームキャスト用ソフトとして発売された育成ゲームで、さらにその後PlayStation2などにも展開された。当時3Dを使った音声認識型のゲームとしては、斬新なものだったのは間違いない。ドリームキャストがキラーソフトの出揃いに悩んでいた時期の作品だったため、ゲーム界に衝撃を与え知名度を広め、一時は在庫不足も起こるほどだった。

音声認識で会話もできた!


人面魚の姿に手足が生えたような奇怪なキャラクターを水槽で育てる、という単純なものであった。しかし当時は、音声を認識しながら会話もでき、画面の中でのみ成長する架空の生物という「シーマン」の奇妙な設定は、ゲームマニアだけでなく一般のユーザーもワクワクさせた。

しかしこのゲームは、育成のみならずアドベンチャー的な要素も持ち合わせていた。「シーマン」に育て上げるまでには、卵を孵化させて幼体を育て、エサをやりながら1日たりとも放置してならないという、かなり難易度の高い内容だったため、途中で挫折したひとも多くいる。